一級建築士事務所 カワムラ・アーキテクツ

SHS

庭を点在させ、自然を身近に取り込んだ住まい

SHSトップ画像
SHS写真1

<アプローチ>
両側に茂るハナミズキやモミジといった植物が訪れる人を住まいへと誘う

SHS写真2

<1階リビング>
親世帯が暮らす1階のダイニングは、天井高2.5mの落ち着いたスペース

SHS写真3

<1階ダイニング>
様々な樹木が茂る庭を美しく眺める場所

SHS写真4

<1階キッチン>
煩雑になりがちなキッチンはあえてセミクローズドを採用

SHS写真5

<デッキテラス>
広々としたデッキテラスに造作されたベンチは、晴れた日に家族でのんびりと過ごすことができるくつろぎのスペース。

SHS写真6

<庭の植栽>
近接する隣家からの視線を遮るため、高木の常緑樹であるシラカシを植樹
その手前にはカエデやヒメシャラ、ヤマボウシ、紅梅や白梅などの落葉樹を植えて四季の移ろいを楽しめるように計画

SHS写真7

<アトリエ>
窓辺に沿って造作されたウォールナット材のカウンター

SHS写真8

アトリエからは南側の庭を見渡せる

ISH写真9

<階段ホール>
子世帯が暮らす2階へとつながる1階エントランスホール
眺めを遮らぬよう軽やかなフォルムとした

SHS写真10

<2階リビング>
南北方向に広がるハイサイドライトから明るい光が差し込み、伸び伸びとした空間をつくりだしている

SHS写真11

<2階ダイニング キッチン>
セミクローズドとした1階のキッチンとは対照的に、2階には開放的なアイランド型カウンターを採用

SHS写真12

<2階水廻り>
2階の洗面室から見たバスルーム
間仕切りにガラスを用いているため、広がりのある空間が実現した

SHS写真13

延べ床面積:297u
階数:2階
構造:木造(SE工法)
掲載:「I'm home」No.48 (2010)

トップへ戻る