亀有計画 オープンハウス終了しました

亀有の小さな白いビル【ヨロイ】のオープンハウスは無事に終了いたしました。

お越し頂いた皆様、どうもありがとうございました!

 

当日は、建築時から外壁の素材(ガルバリウム鋼板)が気になっていたという、通りすがりの方も。

熱心に質問をされるので、材料の説明や内部をご案内したところ、とても喜んで頂けました。

やはり実物をご覧いただくと設計者の考えがストレートに伝わる様で、今後もこういった機会をつくっていきたいと思います。

 

また、今回施工して頂いた太陽ハウスさんの公式ブログに、当日のレポートが掲載されています。

女性スタッフさんの目線でご紹介頂いていますので、よろしければこちらもどうぞ。

亀有計画 オープンハウスのご案内

この度、弊社で設計監理を手掛けました

亀有の小さな白いビル【ヨロイ】が竣工いたします。

オーナー様のご厚意によりオープンハウスを開催させて頂くことになりました。

■日時 7月1日(土) 13時~18時
■場所 東京都葛飾区亀有
■交通 JR亀有駅より徒歩1分

駅前の喧騒の中に建つ、雑居ビルに囲まれた、店舗併用住宅です。

1階は貸し店舗(テナント募集中です!)

2、3階はテラスのあるコンパクトな住居となっています。

また防火地域内の3階建ての建物ですので、法規上、耐火構造が必要になりますが、大臣認定を使い、【木造の耐火構造】で計画しました。

ご覧になりたい方がいらっしゃいましたら、弊社ホームページのコンタクトよりご連絡下さい。

案内図と資料をお送りさせて頂きます。

お時間がございましたら、ご高覧頂ければ幸いです。

それでは皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

株式会社カワムラアーキテクツ一級建築士事務所
川村浩二

亀有計画 白い小さなビルが現れました

建物の覆っていたシートや足場が外れる時は、楽しみと同時に、いつも緊張感があります。

とりわけ今回の敷地は駅前の人通りが激しい道路に面しており、多くの人の目に晒されます。

イメージ通りに仕上がるか、その不安感を少しでも減らす為に模型やモックアップで検証を重ねました。

雑居ビルに囲まれ、様々な色彩に溢れた環境の中で、「白」が一段と目を引いております。

小さいながらも“凛とした佇まい”に、お施主様も満足して頂き、一安心です。

もなかのデザイン

お土産に最中をいただきました。

これが予想を裏切る、とても味わい深い逸品。

調べてみると「空也」という老舗和菓子店の品でした。

 

原材料名:砂糖、小豆、もち米、水飴、塩

 

限られた素材から生み出される、奥行きのある味わい。

シンプルなカタチだからこそ、作り手の思いが伝わってくるような気がしました。

 

そんなことお構いなしに、チビっ子たちは駄菓子感覚でパクパクと平らげ、
甘党の私の楽しみが、あっという間になくなりました。。。

亀有計画 テラスは左官で塗り廻す

前回のつづき、外壁の仕上げについてです。

2、3階の住居部分には、壁に囲われた外部テラスがあります。

テラスの壁は左官塗りです。

板金でくるまれた“鎧”のような固い印象の外観に対して、

テラスは室内に柔らかく光を導く、優しい表情の仕上げとしました。

写真は外側の板金とテラスの塗り壁が切り替わる部分です。

亀有計画 外装は板金でくるむ

亀有計画の外装は、すべて板金(ガルバリウム鋼板)でくるむデザインです。

くるまれた感じは、【コーナー部分】の処理の仕方で決まります。

工事の初期段階で板金屋さんと打合せ、デザインの意図を伝えたところ、とても分かりやすい試作品をつくってきてくれました。

こころよく相談にのって下さる職人さんがいると、とても心強く、助かります。

そして、こちらが実際のコーナー部分の作業風景。

この道30年の板金屋さんのお仕事はとても小気味よいです。

美しい環境をつくる都市住宅

先日のことですが、南青山にある建築家 山田守の自邸見学に行ってきました。

建物は庭を抱え込むような配置で、軽やかで伸びやかなデザイン

庭は盛り土による立体的なつくりで、室内から様々な緑の表情を楽しめる設え

建物と庭が一体となった、とても気持ちのよい住宅でした。

竣工してから約58年!経過していることもあって、

「美しい環境をつくる」という作者の意図が、とても説得力をもって体感できました。

亀有計画 中間検査終了

ブログの更新が遅れ気味ですが…現場は順調に進んでおります。

現場監督、そして親子大工さんのおかげです!

3月は屋根工事が完了し、外壁のボード張りまで終了しました。


確認検査機関による中間検査も無事に終了し、一段落です。

必要なところに、さりげなく

亀有計画は上棟に合せて、お客様と電気関係の最終確認をしました。

その中でスイッチやコンセントは小さなものですが、居住空間の快適性を支える、大切なデザイン要素のひとつです。

見た目がよい空間もスイッチの位置が生活動線と離れていたり、使いたいところにコンセントがないと不快に感じてしまいます。

住む人の生活を想像し、必要なところに、さりげなく。

スイッチやコンセントはその様に計画したいと思っています。

お客様との打ち合せでは、図面と模型を使って生活イメージを共有しながら、ひとつひとつ配置をご確認頂きました。